暮らしの雑学・お年賀

ネットdeカタログ 通販快適生活 リンク集サイトポリシー管理人のブログ
通販のすすめ50音別通販サイト耳より情報
ネットdeカタログ 通販快適生活>暮らしの雑学・お年賀
  暮らしの雑学・お年賀



お年賀はお年始とも言われ、年中行事の筆頭に上げられるものです。
 
歴史的には、正確なものがありませんが、古くから正月に新しい年の神様(年
神様)をお迎えして祀る習慣があり、奈良時代ころから、正月に本家と分家に
分かれた一族がお互いの家を訪問し年神様を祀る神棚や仏壇にお供え物を
持参したのが始まりとされています。
 
その後、「お年玉」や「お年賀」として贈られるようになったとされています。

【贈る時期】
「お年賀」は正月三が日(1月1日〜1月3日)の間の年始の挨拶の手土産
に訪問することとされていますが、松の内(大正月の1月7日まで、地方に
よっては小正月の1月15日まで)の間に訪問します。

【贈る方法】
「お年賀」は、紅白蝶結びの熨斗(のし)を使用します。
 (熨斗には「紅白蝶結び」「紅白十本結び切り」「紅白五本結び切り」などが
  あり注意が必要です)
 
表書きは濃い色の墨で楷書体で中央結び目の上に「御年賀」中央結び目の
下に名前書きを「フルネーム」で記入します。

このとき、名前書きは「御年賀」より小さめになるようにします。

【贈る相手】
「お年賀」は、古くからの特別なお付き合いの人に贈るものとされ、実家の
両親、仲人、媒酌人、会社の上司などがあげられています。

【贈る品物】
「お年賀」は、贈り手の心が、相手に伝わって喜んでいただくためにも、
相手の好みや家族構成などを十分考慮して贈りましょう。

【贈る価格】
「お年賀」として贈る品の金額は、特別なお付き合いの度合いによって差を
つけるのが一般的です。
 
その金額は2,000円〜5,000円とされている方が多いようです。

【喪中の場合】
喪中の場合は、予め連絡をした上で「松の内」をはずし、寒中(小寒の1月
6日〜立春の2月3日の前日まで)に「寒中見舞い」として贈ります。
 
尚、事情を説明して年始挨拶を欠礼させて頂くこともできます。

【お返しについて】
特別なお付き合いで日ごろお世話になっている人に贈るものであること
から、贈られる人は、特にお返しは必要ないとも思われますが、贈る人の
誠意に応えて土産を返礼として用意するのが礼儀とされています。

表書きは「松の葉」、「御礼」などにします。(寒中見舞いも同様です)
 
【高島屋】
高島屋



【三越のギフト】
三越
通販のすすめ
(はじめてのつうはん)
 @メリットとデメリット
 A不安と注意点
 B迷惑メール対策
 C通販準備・会員登録
 D通販でお買い物
 Eお買い物はより安く
 
人気の通販サイト
  楽天市場
  ZOZOTOWN
  Amazon.co.jp
  Yahoo!ショッピング
  ベルメゾンネット
  ベルーナ
  セブンネットショッピング
  ニッセン
  セシール
  TBSカタログ通販
  saQwaネットショッピング
  サマンサタバサ
  らでぃっしゅぼーや

主なテレビショッピング
  ショップチャンネル
  QVCジャパン
  日本文化センター
  CJプライムショッピング
  ショップ島
  ジャパネットたかた
 
主な百貨店・専門店
  三越オンラインショッピング
  高島屋オンラインストア
  大丸通信販売 Dmall.jp
  【伊勢丹】ファッションの伊勢丹
  【京王百貨店】ネットショッピング
  小田急オンラインショッピング

旅行・ホテル・旅館・温泉
  じゃらん♪
  楽天トラベル
  JTB旅館・ホテル予約
  日本旅行「赤い風船」
  トップツアー
  ぐるなびトラベル(旅の手帖)
  一休.com

暮らしの雑学
  食の雑学・魚介類の知識
  食の雑学・牛肉の知識
  食の雑学・豚肉の知識
  防犯雑学・空き巣
  健康雑学・体温を上げる
  健康雑学・口臭の知識と対策
  お得なお買い物のテクニック
  お得な公共料金のお支払い
  節約の雑学・買取システム
  暮らしの雑学・年賀状
  暮らしの雑学・お年賀
  暮らしの雑学・お中元
  暮らしの雑学・お歳暮
  暮らしの雑学・保険の選び方
  暮らしの雑学・年金受給
  暮らしの雑学・引越し術
  暮らしの雑学・冬将軍
  外国語の学習法
管理人のブログ
わたしの街
『杜の都・仙台』
ネットdeカタログ 通販快適生活TOPへ
Copyright (C)  All Rights Reserved